ついにお会いした同姓同名さん

2010/12/07 22:23 に ついついペコ が投稿   [ 2010/12/10 7:11 に更新しました ]
先日、気になっていた同姓同名さんに、ついにお会いしてしまいました。いつかそういう日が来るのではないかと思っていましたが、意外と早くその日がやってきました。

仕事でよくお会いする皆さんから「◯◯村に、同姓同名さんがいるよ」と聞いてはいました。そうおっしゃっる皆さんの共通の知り合いで、地元では「食」に関係して頑張っておられる方だそうです。「食」関係だと、年に数回の仕事で伺っていますので、きっとどこかでお会いするのではないかと、半分期待し、ちょっぴり不安でした。

当日は大町市で「北安曇地方事務所管内の5つの市町村や「食」に関係した幾つもの団体が一緒になって開いた「食育フォーラム」がありました。私はそのイベントをお伝えする仕事でした。

何度もお会いする皆さんがあちこちにおり、その中の一人が、「今日見えているよ」と言います。お会いしたい反面、ちょっとドキドキ。別の方が会場から当人を連れて来てくださり、目の前で、爽やかな笑みの素敵な女性を目にした時には、嬉しいやら、照れくさいやら・・・・

とりあえず、いつものように名刺を渡して自己紹介のあと、思わ口からでてしまった言葉は「いつもご迷惑をお掛けしております・・・」。某新聞の区域拡大により、今まで新聞が届いていなかった◯◯村に、11月2日から届けられるようになりました。その紙面の中に、名前が度々登場するので、間違えられて、かなりの迷惑をしているのではないかと思ったからです。

案の定、紙面に載っている名前を目にした人たちは勘違いして、同姓同名さんに激励の電話やらメールを送ったようです。お会いした方々からも言われ、それがかなりの数だったと言いますから、どれほど迷惑をお掛けしたか分りません。

裏を返せば、それほど同姓同名さんを気遣う方がいらっしゃったのだと言うことです。そう言う点では、地域に愛されている方なんだなと、ちょっぴり嬉しくなりました。

そんな訳で、これからはもっと自分の名前に気を使った生き方をしないと、同姓同名さんに迷惑を掛けてしまうことになります。「気を引き締めていこう」と、新たな決意をした次第です。
Comments