塩と砂糖を間違えたブドウジャム

2010/09/24 11:29 に ついついペコ が投稿
ときどき、ドジをしていますが、今日ほど自分でもびっくりしたドジはありません。
普通だったらほとんど間違えることのない砂糖と塩を間違えたのです。でも、なぜって原因を思い出せないのが辛いのですが。

昨日友達の家に行き、求めて来たブドウの巨峰を煮詰め、ジャムを作っていました。チョッキ量って1キロです。
良い香りが家の中に充満し、きっとおいしいジャムができるんだろうなと期待して、るんるん気分でした。

最後に砂糖を入れ、軽く煮詰めました。入れ物にあるだけの量で80グラムです。「最初から結構甘かったから、こんな量で良いかもね」。そう思って、ちょっと味見をしてみたところ「なに、この味?しょっぱい!」。

まさかの味です。ジャムがしょっぱい訳ないでしょう。入れ物もちゃんと砂糖の入れ物なのに。

訳が分らないまま、砂糖の容器を見直しました。ちゃんと砂糖の入れ物に、いつ入れたとも分らない塩が入っていたようです。
最近、普段使う塩は何種類もあり、用途によって分けています。というか、昔に比べそのくらいたくさんの塩が出て来たからです。

野菜をゆでるだけなら白くて安い塩。料理に入れるにはちょっと色の付いた藻塩。ときどき気分転換でピンクの岩塩を使い、奈川で求めたギョウジャニンニク塩は、料理に掛けます。

一方砂糖はてんさい糖などを使いますが、あまり使う方ではないので、ヨーグルトに付いている砂糖は余るため、季節によって作るジャム用にと、別の容器に移し替えていました。

ところがそのジャム用の砂糖に、なぜか塩が入っていたのです。どこでどう間違えたのか、もう記憶にもありません。こう言うのをボケと言うのか、無意識と言うのか、あるいは痴呆が入ったのか、自分でもさっぱり分りません。

器に残った砂糖を全部入れたものですから、砂糖と塩の分量は、全体で80グラムと言うことしか分りません。
つい最近まで娘がヨーグルトに掛けて何も言わずに食べていた訳ですから、きっと容器の下の方に塩が入っていたのでしょう。

ジャムはそのままパンに塗って食べてみましたが、しょっぱくって、とてもそのままでは食べられたものではありません。薄く切って軽く茹でたジャガイモに、ジャムを入れて煮詰めてみました。ジャムの量もかなり少なかったようで、ちょっと複雑な味でした。

さて、明日から塩の入ったブドウジャムの使い方を考えなくてはいけません。
きっと工夫しておいしく食べてみせますよ。かなり不安ですが・・・・・
Comments