【松茸採り:大町市岡村さん】2010.10.10

【松茸採り:大町市岡村さん】2010.10.10

 長野県大町市では9月中頃から、秋の味覚のひとつである松茸のシーズンを迎えています。

630グラムもある松茸を採った、三沢さん夫妻

 香りのいい松茸は人気で、毎年松茸採りを楽しみにしている人も大勢いて、そのひとりに、同市七倉高瀬入の七倉山荘を運営している安曇野市穂高の岡村康弘さんがいます。

 松茸の採れるところを「しろ」と呼び、普通の松茸採りは「しろは家族にも教えない」と言います。が、人のいい岡村さんは、友達で、安曇野市豊科の三澤清さん、多加子さん夫妻に大町市のしろを教え、三沢さん夫妻は今月初めに、29本、3、5キロもの松茸を採りました。

 一番大きな松茸は傘が開き、直径は24、25センチ、長さは28センチ、630グラムありました。

 松茸は100グラム当り、4000から5000円すると言われ、お吸い物にする小さなものほど高いそうです。

 三澤さん夫妻の採った松茸は、ツガの木の周辺にあり、ツガタケとも言われており「最近は良いことばかりが続いている。ツガタケではこんな大きなのは初めて」と、清さんは大喜びし、多加子さんは「おとうさん、えらい稼いだって言われるよ」と、笑っていました。

 岡村さんは、キノコ歴が40年のベテランで「過去にはもっと大きなのも採ったよ。1キロくらいあったかな」と、話しており、さらに友達が加わり、翌日すき焼きで食べたとのことでした。

 大町市では11月初旬頃まで松茸採りを楽しめるようです。