見習いたい精神・その2

2010/10/23 6:00 に ついついペコ が投稿
 大町市にある、大糸タイムスの辻川記者をちょっとご紹介します。辻川記者は、北アルプス山麓小谷村白馬乗鞍に住み、大町市を主体に取材しています。

 小谷村は、長野県でもかなり雪の多いところとして有名で、一晩に1メートル以上の雪が積もることもあります。

 そのため村内には、3つのスキー場があります。栂池高原スキー場、白馬コルチナスキー場と、辻川記者の近くの、白馬乗鞍温泉スキー場です。

 栂池自然園、雨飾山や鎌池、そして白馬大池、風吹大池・・・と言った、何度行っても飽きない心を魅了する、とっても美しい原生林の山や高原に囲まれています。そんな村で生活する辻川さんが、地域の人に伝えたいこんな思いを語ってくれました。

 「こう言う仕事をしていると、いろんな発見がありますね。身近なことなんだけど、知らないこと、素敵なことがいっぱいあります。それをいろんな人に知ってもらい『こんなにもいいところなんだな』と、皆に伝わればいいな」

 「『他所と違って、自分とこがこんなにもおもしろい』って、気づかないことがあるでしょう。『いいとこじゃん』なんて言うように、皆の発見と自信につながるようなお手伝いができたらいいな。ローカル紙ならではの楽しみですよね」

  いつも優しい笑顔と暖かいまなざしで、北アルプス山麓と、そこに住む人々をみつめています。見習いたい精神を持ち合わせている、素敵な青年です。


Comments