一日も早い復旧を祈る

2011/03/21 8:41 に ついついペコ が投稿
東日本大震災が発生して、気がついたら10日経っていました。日本中がテレビの画面に釘付けとなり、本当に身震いするほど恐ろしい光景に、誰もが心を痛めたと思います。

テレビで繰り返される津波が町を飲み込んでいく映像や、がれきの町となった光景は、ずっと私たち日本人の心に焼き付くような気がします。

被災地の皆さんが心配で、震災に関係した情報を収集して「東北地方太平洋沖地震関連情報」や、長野県北部で起きた「長野県栄村避難場所」などを流し、ついついあちこちニュースの画面もかなり変わりました。

同時に併行して知り合いが参画していた「東北地方太平洋沖地震@ウィキ」を密かに応援しつつ、(株)42の「必要物資・支援要求マップ」にツイッターなどで書き込まれた情報をもとに投稿していました。

マップ作りは新聞、テレビ、インターネットなどからの情報しかないのですが、刻一刻と変化する状況に、数人の手では追いつかず、マップをアップした時点では書ききれないでいました。しかし、20日頃から、情報が一気に減り始め、今日は書きたくても情報がほとんどありませんでした。

ツイッターや、ホームページで見る限り、あちこちで支援物資が届かずに大変な目に遭っている方がいらっしゃるのに、支援の手が避難所にいる方にしか届いていないのが現状のようです。

ガソリン不足もあって、一般の人が救助活動に行く手を遮り、まだどれだけの人が悲惨な目に遭っているのか分かりません。そんな中で、情報がぐっと減りました。もっと現場の情報が欲しいです。

情報があれば、必要物資・支援要求マップ」への投稿を続けたいと思います。情報が減った中ですが、これを読んだ皆さんが、マップへの書き込みを支援してくださるのを願ってやみません。

被災者の皆さんや、被災地を支援している皆さん、東京電力福島原子力発電所で復旧作業に当たっている皆さんの力が尽きませんように。そして、一日も早い復旧をお祈りします。
Comments