膨大な情報に振り回され、人生が無駄になっちゃいそうです

2011/03/22 8:14 に ついついペコ が投稿   [ 2011/03/22 9:40 に更新しました ]
最近、ツイッターの書き込みから被災地の情報を求めようとして、私としてはかなりの人数をフォローしました。短い言葉で無料で書き込め、即その情報を共有できるというのは、とても有り難いサービスです。しかし入ってくる情報料が半端じゃなくって、結局たくさん書き続ける大手数件はフォローを取り消しました。つぶやくだけという情報の中から探し出すというのは至難の技ですね。徐々にフォロー件数を減少させられそうです。フォローする人数が多ければ良いというものでもなさそうです。

また2年間ほどSNSで、同じ趣味の皆さんとお話ししていました。これもリアルタイムで情報が入り、わくわくしたものです。しかし、膨大な情報量に比べて関心のない話題が実に多く、また、原因は別のところにあるものの「冷めた」状態となり、最近は遠ざかっています。「時間が経つ」というのも実に有り難い話で、ただ黙っているだけで存在感が薄らぎ、そのうち自然にどうでも良くなっていきます。

また別の2つのグループからのメールも半端ではなく、知り合いか、あるいは関心のある言葉がタイトルに使われていなければ、開くこともありません。メールを書く皆さんは、相手が見てくれると思い、かなりの時間を割いて書き込んでくださると思います。しかし「有り難い」反面、気持ちは「悪いなあ」。そのうち「うざったい」となって、ついには「もうやめた」と、開くこともなくなっています。

実際本当に欲しい情報はわずかで、それを得るために膨大な情報の中から選び出しているのですが、もっと重要な情報だけをうまく抽出し、自由な時間をたっぷりと取るように持っていかないと、人生が無駄になっちゃいそうです。
Comments