ついついペコの独り言

もっと体力と時間が欲しい

2011/06/25 18:07 に ついついペコ が投稿   [ 2011/06/25 19:50 に更新しました ]

震災後3ヶ月目の5月11日から17日の1週間、2回目の被災地に行ってきました。
今回も岩手県から南下して、宮城県止まりでした。

帰ってから、新聞の原稿を早急に間に合わせた以降は、ただただ眠くって、朝から2回目の眠りに入ったり、昼寝をしたりで、毎日いつとはなしに襲ってくる睡魔につきまとわれていました。自分ではかなりタフだと思っていたのですが、やはりデリケートな体のようで、睡魔に体を委ねるしかない日々が1週間ほど続きました。

先週末はばたばたと取材が舞い込み、雨の中、山の中の川に入って沢登りをする子どもたちを追いかけたり、商店の支配人や芸術家さんたちにお会いしたりと、かなり忙しくかったです。

いったいいつになったらしっかり休めるのかと思うのですが、駆け回る自分の姿は、きっとコマネズミみたいなんだろうなと、思っています。
昔のような、余所見せずにまっしぐらに突き進む競馬の馬のような走りっぷりはないのですが、なぜかいつもちょこまかと体を動かしていますね。

震災があったために、今年ばかりは予定が大幅に狂ってしまい、チョウを追いかける時間がほとんど取れなくなってしまいました。
仕方なく、昨日は雨の中でテントに舞い込んだ山の中のミスジチョウや、雨上がりの虹を撮って時に舞っていたモンキチョウにカメラを向けました。

「なんでこの時期ミスジチョウやモンキチョウなんだ。ちまたではオオルリシジミで騒いでいるというのに・・・」とつぶやいてみるのですが、オオルリシジミの産地に行っている暇もなく、かなりしょぼくれた日々を過ごしています。
「あ〜〜〜〜〜〜、もっと体力と時間が欲しい」、ホント、そう思います。

珍しいヒスイカズラ

2011/05/21 8:32 に ついついペコ が投稿

10日の会議が終わってから、一回家に帰り車を車庫に置いてから、東北へ向けて出発しました。
そのうち写真を張り付ける予定でいますが、あまり撮ってないので、期待しないでください。

それはそうと、出発前の9日に、沖縄特派員の新田敦子さんから送っていただいた、とても珍しい植物の紹介が遅れてしまいました。新田さん、遅くなってごめんなさい。先ほどアップしました。とにかく珍しい植物です。みてください。

沖縄で綺麗な花、見〜つけた!】新田敦子沖縄特派員2011.5.22

必要物資・支援要求マップ 311HELP.comのご支援に感謝!

2011/04/08 23:28 に ついついペコ が投稿

【必要物資・支援要求マップ 311HELP.com】http://311help.com/ が3月17日に立ち上がってから今日に至るまで、ツイッターや行政のホームページ、新聞などを参照して、マップに書き込んでいます。その間マップのことを、河北新報社(宮城県仙台市)と、朝日新聞の夕刊、朝刊が取り上げてくださり、多くの賛同者の皆さんが、様々な方法で支援してくださっています。全国の皆さんのご支援に、心から感謝致します。

3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生してから、間もなくひと月になります。非常に多くの命が犠牲になり、家や田畑、大事な家族、親族、友人などを亡くし、どれだけ大勢の人たちが悲しみに明け暮れているのか分かりません。

そのような被災地の皆さんの必要物資のために役立つようにと、立ち上がったマップです。マップへの書き込みを通して、少しでも早く、すべての皆さんに十分な衣食住が備わってほしいと祈るばかりです。

実は、夕べから今に至るまで、マップに対するツイッターでの書き込みが急上昇しており、お一人お一人に返事を書くことすらできなくなりました。河北新報と朝日新聞が、マップのことや、マップに関連した仙台の高校生の取り組みを取り上げてくださったこと、マップを運営する(株)42に、デザインやバナーを提供してくださったり、情報の拡散、リンクなどで協力してくださった皆さんや、非常に大勢のツイッター関係者が書き込みで支援してくださったおかげで、そうしたことが生じています。

そのおかげで、全国の多くの皆さんにマップのことを知っていただいております。マップが有効に利用され、賛同してくださる方が多ければ多いほど、被災地の皆さんにきめ細やかな支援がなされると思います。

ツイッターの書き込みを見ますと、涙が出て来るような温かな書き込みがたくさんあります。その感動を仙台の高校生にも伝えました。とっても喜んでくださり、皆さんのそうした支援が、高校生の力になっています。どうかこれからも被災地の皆さんのために、マップを役立ててください。

マップには検索機能も備わっていますので、地名の他に、米、衣料品、紙おむつなどの言葉を入力しても、それを欲しい場所が表示されます。引き続き、ご利用をしていただければ、嬉しい限りです。

眠い春

2011/03/25 7:20 に ついついペコ が投稿

いくら寝ても寝足りないと思うのは、春のせいでしょうか?それとも私だけ?

夜遅くまでパソコンに向かっているということもあるのでしょうが、寝るのはいつも夜中の2時、3時。
早く寝ようと、ベッドに入っても寝付くことができないので、結局遅くまで起きていて、遅く起きるの繰り返しです。そんなため、早朝の電話が鳴っても気がつかず、あとで「ごめんなさい」。

朝は8時頃起きられれば良い方で、今日は何もないからゆっくり寝ていられると思って寝過ごすと、10時、11時という時も。

早朝の仕事が入れば、ちゃんと携帯の目覚ましをセットしておいて、起きますよ、もちろん。そんな日には帰ってから眠くて仕方なく、早めのベッドとなります。

ところが体内時計はすでにセットされているようで、一回寝てもまた数時間で目が覚めてしまいます。それからは、苦痛の時間です。何度寝返りを打っても眠れないんですから。

真冬の雪の中の仕事は堪えました。スキーウェアに身を包んで行ったのですが、全身が凍えつきそうでした。帰ってからはただ眠いだけ。もちろん何もせずに、暖まりながらぐっすり眠るんです。きっと体が要求しているんでしょうね。

そうは言っても、もう3月も終わりです。寒いと言っても、春ですよね。
気持ちを切り替えて、眠る時間を少しずつ戻して行かないと。

という訳で、今夜は12時前に、おやすみなさい。

膨大な情報に振り回され、人生が無駄になっちゃいそうです

2011/03/22 8:14 に ついついペコ が投稿   [ 2011/03/22 9:40 に更新しました ]

最近、ツイッターの書き込みから被災地の情報を求めようとして、私としてはかなりの人数をフォローしました。短い言葉で無料で書き込め、即その情報を共有できるというのは、とても有り難いサービスです。しかし入ってくる情報料が半端じゃなくって、結局たくさん書き続ける大手数件はフォローを取り消しました。つぶやくだけという情報の中から探し出すというのは至難の技ですね。徐々にフォロー件数を減少させられそうです。フォローする人数が多ければ良いというものでもなさそうです。

また2年間ほどSNSで、同じ趣味の皆さんとお話ししていました。これもリアルタイムで情報が入り、わくわくしたものです。しかし、膨大な情報量に比べて関心のない話題が実に多く、また、原因は別のところにあるものの「冷めた」状態となり、最近は遠ざかっています。「時間が経つ」というのも実に有り難い話で、ただ黙っているだけで存在感が薄らぎ、そのうち自然にどうでも良くなっていきます。

また別の2つのグループからのメールも半端ではなく、知り合いか、あるいは関心のある言葉がタイトルに使われていなければ、開くこともありません。メールを書く皆さんは、相手が見てくれると思い、かなりの時間を割いて書き込んでくださると思います。しかし「有り難い」反面、気持ちは「悪いなあ」。そのうち「うざったい」となって、ついには「もうやめた」と、開くこともなくなっています。

実際本当に欲しい情報はわずかで、それを得るために膨大な情報の中から選び出しているのですが、もっと重要な情報だけをうまく抽出し、自由な時間をたっぷりと取るように持っていかないと、人生が無駄になっちゃいそうです。

一日も早い復旧を祈る

2011/03/21 8:41 に ついついペコ が投稿

東日本大震災が発生して、気がついたら10日経っていました。日本中がテレビの画面に釘付けとなり、本当に身震いするほど恐ろしい光景に、誰もが心を痛めたと思います。

テレビで繰り返される津波が町を飲み込んでいく映像や、がれきの町となった光景は、ずっと私たち日本人の心に焼き付くような気がします。

被災地の皆さんが心配で、震災に関係した情報を収集して「東北地方太平洋沖地震関連情報」や、長野県北部で起きた「長野県栄村避難場所」などを流し、ついついあちこちニュースの画面もかなり変わりました。

同時に併行して知り合いが参画していた「東北地方太平洋沖地震@ウィキ」を密かに応援しつつ、(株)42の「必要物資・支援要求マップ」にツイッターなどで書き込まれた情報をもとに投稿していました。

マップ作りは新聞、テレビ、インターネットなどからの情報しかないのですが、刻一刻と変化する状況に、数人の手では追いつかず、マップをアップした時点では書ききれないでいました。しかし、20日頃から、情報が一気に減り始め、今日は書きたくても情報がほとんどありませんでした。

ツイッターや、ホームページで見る限り、あちこちで支援物資が届かずに大変な目に遭っている方がいらっしゃるのに、支援の手が避難所にいる方にしか届いていないのが現状のようです。

ガソリン不足もあって、一般の人が救助活動に行く手を遮り、まだどれだけの人が悲惨な目に遭っているのか分かりません。そんな中で、情報がぐっと減りました。もっと現場の情報が欲しいです。

情報があれば、必要物資・支援要求マップ」への投稿を続けたいと思います。情報が減った中ですが、これを読んだ皆さんが、マップへの書き込みを支援してくださるのを願ってやみません。

被災者の皆さんや、被災地を支援している皆さん、東京電力福島原子力発電所で復旧作業に当たっている皆さんの力が尽きませんように。そして、一日も早い復旧をお祈りします。

マグニチュード9.0に修正 20011.3.13

2011/03/12 19:30 に ついついペコ が投稿   [ 2011/03/12 20:09 に更新しました ]

気象庁は、東日本巨大地震を、地震の規模を示すマグニテュード8.8から9.0に修正しました。世界最大級で、国内で起きた地震としては、観測史上最大規模だそうです。
大きな波が何回も続き、複雑な形で地震が起こり、再解析をしてのことだそうです。この値自体は、世界的な数字を分析するので、変わることもあるようです。

余震の起きる範囲は広く、余震の発生する場所によって、揺れが異なるので、十分注意をとのことです。
震度6強の地震が起きる可能性もあるそうです。

今後の地震の起き方によって、向こう3日間で地震が起きる可能性が高いそうですので、数値はあくまでも目安、参考までにとのこと。
大きな地震が発生すると、波もでる可能性があるとのこと。


死者、不明者は、現時点ー3月13日13時10分ーで2100人を超えました。

今回の地震に伴う津波の恐れに関しては、津波がハワイに到着して、再び日本に帰ってくるには、24時間程度の余裕があるそうです。が、上記のように、今後も十分ご注意ください。

いずれにしても、少しでも救助活動がスムーズに行われ、一人でも多くに皆さんの命が救われますように。

救いの手が、少しでも早く被災地に皆さんに届きますように

2011/03/11 19:39 に ついついペコ が投稿

日本国内観測史上最大規模の東北・関東大地震が11日午後2時46分頃に発生し、今は大変な状況が放映されています。
マグニチュード8.8と言っても、北アルプス山麓では天井の照明器具が僅かゆれた程度でしたので、想像できません。

長野県北部でも、震度6強の地震が発生しましたが、北アルプス山麓は僅か体に感じた程度でした。
壊滅状態の町や、遺体で確認された何百人もの皆さん、まだ死亡、不明で安否の確認ができていない1300人以上の方がいらっしゃいます。

先ほど、連絡がつかなかった宮城県の3人の蝶仲間の安否が確認されたと電話が入りました。
3人とも無事でしたが、家の中は壊滅的で、数キロ先まで津波が押し寄せた方もおられます。

海沿いの皆さん、津波には十分注意してください。
救いの手が、少しでも早く被災地に皆さんに届きますように。

「カニステル」に夢中

2011/03/10 8:23 に ついついペコ が投稿

面白い名前でしょ「カニステル」って。
そんな英語読みの果物が、沖縄にあるんです。「カニも捨てる」ほど美味しくないなんて、ただの語呂合わせでしょうが、栄養価豊富な果物がただ野鳥のえさになっており「金を捨てる」ほど「もったいない」という果物です。

そこに目を付けたのが、沖縄特派員の新田敦子さん。
あちこちのお友達に送り、「おいしい料理方法はない?」と、教えてもらい、ブログで紹介しています。

面白くって、私もいろいろ試してみるのですが、煮たのは失敗でした。恥ずかしくって、紹介する気にもなりません。
やはり生が一番美味しい。

そんな訳で、カニステルに夢中になっている私ですが、残りはたった一個。
さあ、この貴重なカニステルを、何に仕上げるかが問題。

半分は県が紹介してくださった池田町のカモミールの会の皆さんが調理してくださり、新田敦子さんがブログ「コメッチの独り言」の、「花よりカニステル(その2)」2011.3.10で流しています。

ありんくりん沖縄情報」の【カニステルシフォンケーキ:新田敦子沖縄特派員】2011.3.11に、池田町のカモミールの会の皆さんが作ったカニステルシフォンケーキのことを書いていますので、あちこち見てくださいね。

カモの写真に挑戦

2011/03/01 16:45 に ついついペコ が投稿

コハクチョウと一緒に北アルプス山麓を訪れている冬の使者ーカモたちーがあちこちにいます。安曇野市豊科の犀川白鳥湖、槍ヶ岳から大町市を抜ける高瀬川、朝日村から松本空港の脇を通り犀川となる鎖川、大町市仁科三湖(青木湖、中綱湖、木崎湖)などで、よく見かけます。なぜかコハクチョウよりもカモが気になる私。また会いたいカモがいるんです。

去年わずか数枚しか撮れなかったカンムリカイツブリ。小さくアップしていますが、もっと大きくアップしたいのです。
最近、小雨のぱらつく日ばかりカモの写真を撮っていたので、今日こそ晴れたら木崎湖へと思いきや、また曇り。

雨の日は、車の中でシャッターを切っているのですが、どうも遠くから撮ると、きれいに撮れず、何百枚撮っても気に入ったのが、ほとんどありません。

今年もやっと出会えたカンムリカイツブリ。雨のせいにしていいのか悪いのか、それほど気に入った写真が撮れた訳でもなし。ということで、気になる仕事をほっぽり出して、カモの撮影に夢中になっている私です。

でも今朝、会社から電話がありました。「在庫が底をつく」と。気になる木崎湖へはちょっと寄るくらいにしても、やっぱ町中に行かないと・・・

ということで、これから木崎湖と、大町市内、北安曇郡の村内へ出勤です。
気になるカンムリカイツブリに、パッと会えると良いんですけど・・・

1-10 of 74