【安くて甘い波田のスイカの販売—7月15日から:長野県松本市波田・信州まほろば農園】2010.7.1

【安くて甘い波田のスイカの販売—7月15日から:長野県松本市波田・信州まほろば農園】2010.7.1ついついペコ

 長野県松本市上高地の玄関口にある、波田赤松の信州まほろば農園(牛丸正幸代表)は、7月15日からは、安くて甘い、規格外の「波田のスイカ」の販売を始めます。

 「波田のスイカ」は毎年大人気で、甘くて安い規格外のスイカ(1000円から)です。市販に流通するものと同じ畑で、同じように作られます。出荷するとセンサーで選別され、中に空洞があるとはじかれ、その場で処分されます。そのため、農家は出荷せずに規格外にし、直売所などで販売します。「長く畑に置くことから、甘さは抜群」と、牛丸さんは太鼓判を押します。

 店を手伝っている近所の中原さだみさんは「上高地、乗鞍に行く方は、気軽に立ち寄ってください」と、話しています。

 《信州まほろば農園》
 環境省・農林水産省事業者番号20−0051特定国内種事業者
 希少種のアマミデンダ(シダ)、ホテイアツモリ、レブンアツモリソウ、アツモリソウ、ハナシノブ、キタダケソウを扱っています。
 問い合わせは牛丸さん☎090・7012・1334
 上高地に行く国道158線沿い。

国道158号を上高地に向かい、左側

【山野草の寄せ植え「亀」:長野県松本市波田・信州まほろば農園】2010.8.1

2010/07/31 8:38 に ついついペコ が投稿   [ 2010/08/25 22:31 に更新しました ]

 長野県松本市波田にある、新島々のバスターミナルの上高地寄りに、ブルーシートのビニールハウスが並ぶ山野草直売所「信州まほろば農園」があります。そこでは山野草の寄せ植えを作り、販売しています。気に入ったから絶対売りたくないと、カメに似た、梓川の流木を使った寄せ植えもあり、ちょっとした人気です

 寄せ植えは、直売所近所の中原さだみさん(同市波田)が主に作っています。流木の他に、鉢、テッペイ石、軽石をくり抜いた中に、数種類の山野草を植え込んでいます。
 流木の寄せ植え「亀」を作ったのは、経営者の牛丸正幸さん。梓川の流木中の1つがとても気に入り、何の加工も施さず、木のすき間に水苔を入れ、セッコクを植えました。

 「亀」は、お客さんが「カメに似ている」と言ったことから、なお気に入り「誰にも売りたくないので高い値段を付けた」と、話します。

 寄せ植えは、上高地や、乗鞍に行くお客さんが買っていくと言いいますが、「流木を集めて何十年にもなるが、こんないい流木はない。いくら『買いたい』と言っても売りたくない」と牛丸さんは話しています。

牛丸さんの手の方向から見ると、下のように見えます。

牛丸さんが一番気に入っている寄せ植え「亀」






《信州まほろば農園》牛丸さん

電話:090・7012・1334

場所は上高地に行く国道158線沿いの、新島々バスターミナルからわずか上高地寄り。



【15日から規格外のスイカ販売開始:松本市波田・信州まほろば農園】2010.7.6

2010/07/06 8:35 に ついついペコ が投稿   [ 2010/08/25 22:23 に更新しました ]

15日から規格外のスイカ販売開始:松本市波田・信州まほろば農園】2010.7.6ついついペコ
 
 松本市波田の信州まほろば農園(牛丸正幸代表)は15日から、波田赤松の直売所で、甘くて安い、波田のスイカの販売を始めます。


「1週間余分に畑に置くので、甘いスイカになる」と、牛丸さんお薦めのスイカ。牛山さんの自宅の脇にある広々とした畑で、親戚が作ったもの。畑のスイカはまん丸くなり、出荷を待っています。
 規格外のサイズは3種類あり、800円、1000円、1200円。いずれも中に多少の空洞があります。

 「スイカを買ってから、上高地や乗鞍にどうぞ」と、牛丸さんは話しています。


《信州まほろば農園》牛丸さん
電話:090・7012・1334
場所は国道158線沿いの左手。

1-2 of 2