【JR大糸線南小谷駅の改装】2010.8.11

JR大糸線南小谷駅の改装】2010.8.11ついついペコ
 
 南小谷駅は、塩の道、千国街道の周辺特徴を考慮し、「街道の庄屋」をイメージしています。正面を庄屋風の外観にし、待合室にはクーラ―も入り、冬には一段高い畳の間には、こたつが入ります。雪の多い小谷村ならではですね。
庄屋風にデザインされた南小谷駅      明るい待合室には、冬にはこたつも入る

 観光案内の看板の脇に立つ真っ赤なポストは、駅のお気に入り。お客さんが利用しやすいように、近いうちに出入口近くに移されます。

 南小谷駅は、新宿発特急あずさの終着駅で、南小谷駅から糸魚川まではディーゼルが走っています。駅のすぐ脇には、新潟県糸魚川に注ぐ姫川の清流が水音を立て、爽やかさを醸し出しています。

 原生林に囲まれた静かな村に、春はギフチョウ、ヒメギフチョウが舞い、村内のあちこちに薬用として植えたキハダの周辺では、夏にミヤマカラスアゲハを見ることもできます。

 のんびりと塩の道、千国街道を歩き、山の露天風呂の温泉に浸かれば、きっと身も心も癒されるでしょう。