【JR大糸線穂高駅3月に改装】2010.8.24

穂高神社に合わせた木の外壁を強調した駅舎です。屋根もどことなく神社っぽいですね。
3月3日にリニューアルしました。



駅舎に向かって右側に道祖神が祀られています。道祖神は、道路の辻、村境などに祀られ、外から来る邪悪をさえぎる神と言われたようです。安曇野には、男女が手を取り合っている双体像と言われる道祖神があちこちにあり、穂高だけで83体もあると言われています。