【信濃おおまち達人検定:その1・中山高原】2011.3.28

雪解けとともに、中山高原に姿を現す「幻の池」


長野県大町市中山高原「幻の池」


 

中山高原・幻の池2011.3.28


中山高原・幻の池 2011.3.28

2011/03/27 20:09 に ついついペコ が投稿   [ 2011/03/27 21:23 に更新しました ]

中山高原の幻の池と、菜の花畑 2010.5.6

「信濃おおまち達人検定」の100問中100番目に出たのが、この中山高原です。この写真に似た一枚の写真が掲載されており、「この写真の場所はどこか」というものです。

この中山高原は「ついついあちこちニュース」では、何回か紹介しています。

光と影】大町市中山高原元大町スキー場第2ゲレンデ 2010.2.24

幻の池出現】長野県大町市中山高原2010.4.9


中山高原は車で簡単に行くことができますし、元スキー場とはいえ、なだらかな斜面は、お年寄りや子どもの皆さんでも、十分楽しめます。
とっても美しいところで、雪解けとともに現れる「幻の池」に北アルプスの山並みを映し出す光景には、息を呑みます。

また、5月ころ咲く菜の花は、元大町スキー場のゲレンデを一面黄色に埋め尽くし、風と波との競演で作り出す黄色の水の波紋は、二つとして同じものがなく、幻想的です。

幻の池のことを地元の皆さんは「あら、池がある!」ということで、「荒池」と呼んでいます。カモなどの渡り鳥が水面で餌をついばみ、周囲の白樺は、新芽が芽吹く前に樹液を採ります。白樺の樹液は無色透明の液体ですが、ほんのり甘く、隠れた人気です。欲しい方は、中山高原から美麻に進み、山を下った右手にある種山商店へ。今頃なら入手可能かもしれません。

1-1 of 1