【北アルプス山麓の冬の鳥たち】

【北アルプス山麓の冬の鳥たち】長野県大町市・池田町・松川村2010.3.5    ついついペコ

   今年も越冬のためにコハクチョウ、ヒドリガモ、オナガガモなどの冬鳥たちが、北アルプス山麓にやって来て、留鳥と共に冬を過ごしている。

 大町市の仁科三湖の中綱湖、木崎湖の他、池田町と松川村が接する辺りの高瀬川左岸の水を張った水田などで、水にもぐったり、餌をついばんでいる。

オナガガモ(冬鳥):松川村・池田町高瀬川左岸 2010.2.8


カルガモ大町市中綱湖 2010.2.8


カンムリカイツブリ(冬鳥)手前:大町市木崎湖 2010.2.8

カンムリカイツブリは、長野県レッドデータブックではVU(絶滅危惧Ⅱ類)となっており、長野県内では、千曲川、犀川、諏訪湖などで、少数の越冬が確認されている。


ヒドリガモ(冬鳥):大町市木崎湖 2010.2.8


オオバン:大町市木崎湖 2010.2.8


マガモとアオサギ:大町市木崎湖 2010.2.8


(手前から)ヨシガモ(冬鳥)・ヒドリガモ(冬鳥)・オオバン大町市木崎湖 2010.2.8

    ヨシガモ


コハクチョウ(冬鳥):松川村・池田町・大町市高瀬川左岸 2010.1.22
   2010.2.22
Comments