【キタテハやスジボソヤマキチョウ舞う】

【キタテハやスジボソヤマキチョウ舞う】長野県池田町立美術館付近2010.3.5(金)  ついついペコ

 

キタテハ              スジボソヤマキチョウ

 日ごとに春めいてくる北アルプス山麓だが、5日は雪をかぶったアルプスがくっきりと姿を現した。待ちこがれていたように、池田町にある山裾の町立美術館付近に、越冬していたキタテハやスジボソヤマキチョウたちは、暖かさに誘われて、もの影から飛び出した。

 キタテハはパンジーやタイムの間の枯れ葉や暖かい石の上などで羽を休め、スジボソヤマキチョウはブドウ園の枯れ葉の上に羽を倒して日向ぼっこをしていた。

 気象庁によると、大町観測所では、例年に比べて11.8℃高い、今年最高の15.8℃を記録した。