たくさんの飼育・放蝶が、個体数を増やすの?:ギフチョウ・ヒメギフチョウ

【たくさんの飼育・放蝶が、個体数を増やすの?:ギフチョウ・ヒメギフチョウ】長野県北アルプス山麓 2010.4.28 ついついペコ
 
 日本固有種のギフチョウは「絶滅の危険が増大している種」として、環境省のレッドデータブックでは「絶滅危惧Ⅱ類」(危急種)に、亜種のヒメギフチョウは「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」として「準絶滅危惧」(希少種)として分類されています。そんなギフチョウ、ヒメギフチョウに関連して、全国各地で幾つもの放蝶が報告されています。たくさん飼育したチョウを野外に放せば、結果的に個体数が増えて、絶滅危惧種ではなくなるのでしょうか。
 「人為的に大量に放しても、結果的に増えることには繋がらなかった」という実験結果もあるようで、今年も北アルプス山麓で、同様の事例がありました。一つの事例を簡単に紹介します。

 【ネズミにやられたヒメギフチョウの蛹:Sさんの事例】

生き残って羽化したSさんの飼育したヒメギフチョウ 庭のカタクリで吸蜜する2010年4月26日ついついペコ撮影

 
 長野県北アルプス山麓に住むSさんは民宿を営んでいます。20年ほど前に、埼玉県に住む某大学の先生がスキーの合宿に訪れ、その折に、その先生が飼育しているチョウの食草の、ウスバサイシンが不足していると聞きました。その後Sさんは地元にある食草をその先生に送ってやり、お礼にヒメギフチョウの蛹10個体を送ってもらったことがきっかけで、自宅の庭でヒメギフチョウの飼育を始めました。
 送って頂いた蛹の出所は不明ですが、それ以降Sさんは、失敗を繰り返しながら自宅の庭で飼育を続けています。
 自宅はギフチョウやヒメギフチョウの舞う山裾から200〜300mほど離れています。その自宅の庭に軽半ブロックでちょっとした囲いを作り、その中に落ち葉を入れて、そこが蛹の飼育場所となっています。雨が当らないようにすることもあるようですが「できるだけ自然に近い状態」を心掛けているそうです。
 多い時にはその場所から500から600個体のチョウが一斉に舞いたち、そのチョウが近所の庭を訪れると「◯◯(Sさんの経営する民宿の屋号)のチョウが来た」と、近所の人から喜ばれたそうです。
 食草のウスバサイシンも、吸蜜植物のカタクリも庭にあり、自宅続きの畑では、ウスバサイシンもカタクリも育苗ポットで殖やしています。雪が降るとその雪を蛹のある落ち葉の上に被せ、毎日のように手入れをして守って来ました。
 ところが今年はSさんにとってショックなことが起きました。ネズミが、ヒメギフチョウの飼育場所の蛹の多くを食べてしまったのです。見せて頂くと、飼育場所の落ち葉の下には、穴の空いた黒い蛹の殻がたくさんあります。
 「今年はたくさん雪があったため、ネズミの餌もなくなったのだろう。ネズミに大分やられた。蛹は1000以上あったのに」と、悲しそうでした。
 昨年はブロックの囲いに寒冷斜を張り、100個体ほどがチョウになり「一挙に舞った」そうです。チョウの卵が幼虫になれば「雨が降っても槍が降っても、毎日3回新鮮な餌を取って来る」と言うほど、熱心に飼育していました。今年は落ち葉の中から集めたきれいな蛹20個体ほどを別の飼育箱に移しました。そのうち13個体が26日に羽化しました。
 「生き残れるのは、自然の中では10匹いれば2、3%程度だが、人が手を加えると50%くらいだと思う」とSさんは言います。でも今年のネズミは予想外だったようです。Sさんの1000個体以上の蛹の飼育方法は、かえってネズミを呼ぶ結果となり、多くのチョウにはつながりませんでした。
Comments