【ギフチョウ・ヒメギフチョウどうなるの?1:はじめに】北アルプス山麓

2010/04/13 21:40 に ついついペコ が投稿   [ 2010/07/04 7:30 に更新しました ]
【ギフチョウ・ヒメギフチョウどうなるの?1:はじめに】北アルプス山麓 2010.4.13 ついついペコ

  春の遅い北アルプス山麓でもいよいよ、「春の女神」とも言われるギフチョウ、ヒメギフチョウのシーズンを迎えました。白馬村の早いところではヒメギフチョウが舞い出し、13日には大町市でチョウを飼育しているYさんから「今朝、ヒメギフチョウが羽化したよ」と連絡が入りました。
 まず、この4月1日から、採集、き損などに罰則が適用された白馬村のギフチョウ、ヒメギフチョウですが、悪質な採集者があとを絶たないなどの理由から、採集、き損などに罰則が適用されました。いつも新聞などで悪く言われ続けているチョウ採集者の皆さんのチョウに対する暖かい思いもお聞きしていますし、白馬村教育委員会からは罰則に至った経緯もお聞きしました。村民の皆さんのギフチョウ、ヒメギフチョウへの思いなども、徐々にですがお聞きしています。また、北アルプス山麓では、蝶を飼育し、放蝶もあちこちで行われています。この放蝶はホットニュース、あるいは美談として地元の新聞が掲載し、地元ケーブルテレビでも放映されています。しかし学会などで是非をめぐり議論がなされているようです。一般の皆さんは、学会で議論されている放蝶問題を知らないのが現状です。また善意で飼育して放蝶をしていますので、その範囲はひとつの市町村内だけではなく、北アルプス山麓に広がり、県外にも及んでいるようです。実態は不明ですが、放蝶についての意見も寄せられています。
 そう言う問題が起きている中で、何も知らずに春の女神が舞い出しました。北アルプス山麓のギフチョウ、ヒメギフチョウ、またチョウを取り巻く環境はこれからどうなっていくのでしょうか。
 数多くのチョウが棲息している北アルプス山麓ですので、白馬村を含めた北アルプス山麓のチョウを、環境などとともに考えていければと思っています。
 白馬村にはチョウ及び食草の減少、増加などのデータはありません。どなたでも情報を提供してくだされば、細かい産地、氏名は伏せて掲載いたします。
 まずは、白馬村教育委員会からお聞きした、罰則に至った経緯を取り上げたいと思います。

  ここをクリックしてください。

Comments