【日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム 2010年10月31日に】

2010/10/21 8:41 に ついついペコ が投稿   [ 2010/10/21 8:50 に更新しました ]

【日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム 2010年10月31日に:渡りチョウを調べる会】2010.10.22


 日本鱗翅学会は、10月31日の第57回大会の2日目に、恒例のアサギマダラプロジェクト公開シンポジウムを開催します。「多数のご参加を」と呼び掛けています。



日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム(ご案内)


世話人:渡りチョウを調べる会(旧アサギマダラプロジェクト)


日時:2010年10月31日(日)15:10〜16:10


場所:東京大学弥生キャンパス(農学部)

 弥生講堂一条ホール (大会A会場)

 〒113-0033 東京都文京区弥生1-1-1 

 地下鉄(東京メトロ)南北線「東大前」下車1分


プログラム:

【特別講演】

 アサギマダラの11万頭のマーキング調査から見えて来たこと

 〜福島県グランデコスキー場での6年間の夏期一ヶ月連続調査を軸として〜

 栗田昌裕(群馬パース大学大学院)


【成果報告】

 アサギマダラの移動、最近の話題

 金沢 至(大阪市立自然史博物館)


特別講演要旨

 演者は、全国のアサギマダラの発生頭数と移動の定量的側面の概略を把握することを目指して、2003年から、主に7県9ヶ所の標識地において、複数日連続調査を繰り返し行ってきた。その間の標識数の総計は11万頭を超えた。今回は福島県グランデコスキー場(以下、デコ平)にて、6年間に渡り、毎年8月に1ヶ月間滞在して、連日の標識調査を行なってきた結果の概略を紹介する(合計標識数は6万頭余)。

 講演では、アサギマダラの従来は注目されてこなかった謎と魅力の新しい側面を紹介したい。特に、「飛翔パターンの20分類」は大量の個体に接する中で得られた知見であり、また「南下移動開始の8種の兆候」は同じ地域で毎年長期間観察する中で得られた知見であり、その一部はデコ平以外では観察が困難と思われる現象も含んでいる。これらが、今後よりレベルアップしたアサギマダラの調査をするための有意義な提起となることを期待している。


問い合わせは、

  大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科

  緑地環境科学専攻 緑地保全・創成学講座

  (昆虫学研究室)石井実さん

  Tel.  072-254-9412/9413   Fax. 072-254-9413

  ishii_m@envi.osakafu-u.ac.jp

Comments