【オオマイの浜釣り・天野行雄さん】北海道釧路市

【オオマイの浜釣り・天野行雄さん】北海道釧路市2010.9.1ついついペコ

 旅で訪れた北海道釧路市大楽毛星が浦の砂浜で7月11日、同市の天野行雄さんが浜釣りをしているのにお会いしました。「浜でも魚が釣れる?」そんなことも知らないで、しばし釣りに見とれてしまいました。

 天野さんが釣っていたのは体長30センチほどのオオマイ。タラ科の魚で「大マイ」と書くそうです。「氷魚」と書くコマイが大きくなると、オオマイになるそうです。

 天野さんは、餌となるサンマを小さく切って針の先に付け、海に投げ込み、砂浜に竿を2本立てて、魚がかかるのをじっと待ちます。「去年初めて水揚げをした初物のサンマですよ」と、話す間も、海や竿の先をじっと見つめます。

 オオマイは11月から12月ころ、浅瀬に来て産卵するそうで「11月頃から寒くなり出すとよく釣れるんです。この時期も釣れるんですよ」と、言います。

 朝6時頃から釣り糸を投じ、30匹ほど釣り上げ、バケツとクーラ―ボックスの中は、魚でいっぱいです。
 竿の先が「ちょんちょん」と動くと、魚がかかった証拠。天野さんは竿を持ち上げ、糸を引き寄せます。
 「オオマイは夜行性の魚だから、夜釣りをするんです。いつもなら日中はあまり釣れないんですが、ラッキーでした」と、にこにこ。
  
 11時近くに、カレイもかかりました。今日の初めてのカレイに大満足の天野さん。
「オオマイはしょう油で煮付けたり、塩をして一晩干して焼いたり、氷水に入れて刺身にすると、こつこつしていて美味しい。冷凍にして、冬に食べたり、酒の肴にもします」と、食べ方も話してくださいました。

この日の昼食は、氷水に入れたオオマイのお刺身だったかも知れませんね。

どうやら魚がかかったようです。

オオマイです!

30センチもあります。

朝から、30匹ほど釣り上げました。

使う竿は、2本

ぴんぴんと、引いています。

また活きの良い、オオマイ!

餌はサンマの切り身

カレイも釣り上げ、天野さんは大喜びでした。