私の少年記‎ > ‎

呑むさん、「初めてのウラギンシジミ」を、ありがとうございます

2011/04/21 6:45 に ついついペコ が投稿   [ 2011/04/21 7:04 に更新しました ]
ウラギンシジミの呑むさんの想い出に、思わず笑ってしまいました。私も初めてウラギンシジミに出会った時は、本当にびっくりしました。
だって「あんなに重そうな翅で、本当に飛べるの?」って、思ったほどでしたから。

呑むさんの写真は想い出の中にもあるように、いかにも大きなベニシジミですね。子どもたちの興奮した声が聞こえてきそうです。

でも、こっそり教えましょう、知っている人にしか分からない翅の裏があるんですよ。ウラギンシジミと言う名前のように、裏が銀色に輝く不思議なチョウです。
その銀色の翅を見るから、「このチョウ、本当に飛べるの?」って思ってしまうほど、重そうに見えるんです。翅の裏を一面にべたっと白いチョウクで塗ったような印象を受けるんです。

でも、人懐っこいチョウで、人がいる家の中にも平気で入ってきます。カメラを持って近くに寄っても、さっと飛び去っていなくなってしまうと言うことがないので、チャンスさえあれば、子どもたちが一緒に遊ぶのにはぴったりかも知れません。

いつかきっと、呑むさんが翅の裏を見せてくださるでしょうね。楽しみにしていましょうね。
Comments