私の少年記‎ > ‎

呑むさんの部屋

21歳の呑むさん

呑むさん:福岡県久留米市 男性 50代


ブログ『呑むさん蝶日記』http://nomusan.exblog.jp

【ミカドアゲハの想い出:呑むさん】2011.5.29

2011/05/28 9:23 に ついついペコ が投稿   [ 2011/05/28 9:28 に更新しました ]



ミカドアゲハ、蝶を始めた中学生の頃は、高嶺の花というかおそらく自分には縁がない蝶だろうなと思っていました。その後、蝶屋になる決心をした時、おそらくこの蝶は”採りたい蝶”のベスト10に入っていたんじゃないかなぁと思います。とにかく憧れの蝶でした。

この蝶との初めての出会いは、蝶屋としての第一歩を記した1977年春の八重山でした。この時は私を蝶屋へと導いてくれた生物クラブの先輩にひたすらついていく日々で、この日はミカドアゲハ(だけではないのですが)の有名ポイントに行くとあって、朝からわくわくどきどきしていましたね。場所は西表島のとある滝でした。ここは滝と言っても広大な岩場が緩やかな傾斜になってるって感じの所で、そこに無数のミカドアゲハが乱舞・・・まさに乱れ飛んでおりました。おそらく私が今まで見てきた中で、一ヶ所にあれだけ多くの同じ蝶がいたのはこの時が最高ではないか思います。少なく見積もっても200頭以上はいたと思います。ご存知のように、沖縄のミカドアゲハは本州・九州産とは別亜種になっており、色調も違っておりまして、アオスジアゲハと同じような青さです。なので、最初のうちは目視では判断がつかず、とりあえず目の前に飛んでいた個体をネットに入れて・・・・それがミカドアゲハだと確認出来たときは嬉しかったですねぇ。憧れのミカドアゲハをこの手で採ることが出来たのですから・・・。1977年3月11日のことでございました。

その後、この蝶とは縁遠くなり、卒業して九州に帰り、いつしか休眠・・・となったのでありましたが・・・。実は休眠中にこの蝶を2回ほど見たことがありましてね、外勤中にいきなり目の前の花にとまっているのを目撃したのです。びっくりしたのと同時に・・・「全然感じが違う!こっちの方が上品で綺麗。これは別物だぁ。」と思いましてね、流石にこのときは「網があったら。」って思いましたよ(笑)。さらに休眠中に、実は私が住んでる久留米市にもいるということがわかっておりましたので、復活した1993年は気合を入れてこの蝶を採りに行ったのでありました。

ところが、この時私は大いなる勘違いをしておりまして、この蝶を”6月の蝶”だと思っていたのですよ。と言うのも休眠中に見たのがどちらも6月中旬だったのです。なので、復活した年も6月の初旬に行ったのですが、その時も1頭見れてしまい・・・ますますその思いが強くなり、その年は下旬まで狙ってたのですが、その後全く見ることが出来ませんでした(笑)。しかも当時は「トベラの花に来る。」事も知らず、ただただオガタマの周辺をうろうろしていたのでありました。で、その年の夏以降、「どうやらGW頃が良いらしい。」事を知りまして、翌年はようやく見れるようにはなりましたが、たまに樹上を飛ぶのを眺めるだけでした。それでもこの年は餅をついて粘ってたようで・・・ついにその日はやって来ました。忘れもしない1994年5月22日、樹上を飛び回っていた個体がたまに低く降りてくることがあり、何回か振る機会を逸しながらも、ついにメッシュの白網一閃!何とかネットに入れることが出来ました。この時は嬉しかったですねぇ~。ネットの中を確認した後、思わずその場でジャンプしましたもんねぇ~(笑)。この日は2頭採れましてね、あの日の感激は今でも鮮明に残っておりますよ。

で、その後、蝶研に入会して調べてみると・・・何と福岡県では私が蝶を始めた頃よく遊びに行っていた山が有名ポイントである事を知り(笑)、何とも複雑な気分になったものでしたが・・・。懐かしいその山でも採ることが出来まして、さらにトベラの花で待っていれば飛んでくる事もわかり、一気に身近な蝶になったのでありました。さらにそこでお会いした方から「久留米に住んでるなら、わざわざここまで来なくても、あそことあそこで採れるらしいよ。」と聞いてますます身近になり・・・その後久留米市内でもトベラが咲いてる場所も見つかりまして・・・・今ではほぼ確実に”季節のご挨拶”で撮影出来る蝶になってしまったのでありますよ(笑)。もちろん、今でも大好きな蝶ですし、年に1回は撮らないとおさまらない蝶ではありますが・・・復活して初めてネットに入れたときのあの感激は・・・もう味わうことは出来ないんだろうなぁ~。

【初めてのウラギンシジミ:呑むさん】2011.4.21

2011/04/21 6:29 に ついついペコ が投稿   [ 2011/04/21 6:38 に更新しました ]

 


 私が初めてウラギンシジミを見たのは小学4年の8月31日でした。当時は”虫捕り少年”でして、トンボやバッタ、セミ、甲虫(こうちゅう)類・・・何でも捕ってましたね。で、捕って虫かごに入れて、家に持って帰って部屋を閉め切ってその中で放して・・・。で、夕方になったら窓を開けて逃がしてやる・・・そんなことばっかりやってました。で、この頃はむしろ蝶はあまり捕ってませんでした。と言うのも虫かごの中に入れると暴れて羽が破れてしまうからです(笑)。なので、蝶に関しては一応身近で見れる蝶の名前くらいは覚えている程度の知識でした。 

 で、なぜその中でこの蝶を初めて見たことをよく覚えているかと言うと・・・そう、8月31日と言えば夏休み最後の日ですよね。当然の事ながら宿題を仕上げるのに精一杯で、とてもこの日は虫捕りになんかいけるような状態ではありませんでした。で、宿題に四苦八苦していると近所の子供たちが「見たことがない蝶がおるよ!おっきなベニシジミんごたる。」と興奮した様子でかけつけてきました。「おっきなベニシジミ?」何とか頭の中で図鑑で見た蝶を想像するのですが、それらしい蝶に相当するものが浮かびません。で、母親に「ちょっと行っていい?」と聞くと、「何言ってるの!まだ宿題たくさん残ってるでしょ!終わるまで駄目でしょ!」と言下に却下されました。けど、行きたくて行きたくて仕方ありません(笑)。呼びに来た子供たちも「どげんすると?来れんと?早よ行かんとおらんごとなるよ。」ってな感じで私を見ております。で、ついにたまらず「ちょっとだけ。すぐ帰ってくるから!」と言って網を手にして家を飛び出してしまいました。で、その蝶がいる所に案内してもらうと、見たことがない白っぽい蝶がいます。で、「え?けど、白いよ。」と思いながらも網に入れて、手にとって表を見たらいきなり目にも鮮やかなオレンジ色が!そうウラギンシジミの雄でございまして、ようやく「おっきなベニシジミ」の意味がわかったのでありました(笑)。 

 これが私とウラギンシジミの初めての出会いでございましたが・・・この後家に帰ったら母親からこっぴどく怒られましてね・・・その日は夜遅くまで半泣きになって宿題を仕上げたのでございましたよ。で・・・・・性格ってのは大人になっても変わらないんでしょうかね~・・・。何で夏休み最後の日まで宿題が残っていたかと言うと、やりやすいものだけ最初のうちにやってしまい、苦手なものだけ残してしまってたのですね~・・・。苦手だから時間もかかるし、しかも「まだ日にちがあるから・・・。」と言って余裕があるうちにしなくて、ぎりぎりになってするから切羽詰って苦労する・・・。これって、今の仕事の取り組み方と全く一緒じゃあ~りませんかぁ(爆)!

【コムラサキの想い出:呑むさん】2011.2.3

2011/02/03 5:18 に ついついペコ が投稿   [ 2011/02/03 6:23 に更新しました ]

蝶を始めたのは中学1年、KY君との出会いがきっかけでした。
当時は福岡市に住んでおりまして、たまたま同じ団地の同じ棟に住んでいた彼と同じクラスになり、次第に話をするようになりました。彼はすでに蝶の飼育をやっておりまして、とある日彼の家へ遊びに行きますと当時飼育していたアゲハの終齢幼虫を見せてくれたのですが・・・その鮮やかな緑色の幼虫を見た瞬間、「綺麗!」と思ってしまったのですね~。これが蝶にはまった瞬間だと思います(笑)。

もちろん、それ以前にも関心がなかったわけではありません。ただ、それまではあくまでも大好きな昆虫の中の一つのグループであり、やはりカブトムシやクワガタなどの甲虫(こうちゅう)が一番好きでしたし、比べれば蜻蛉や蝉などの方が捕りやすかったしより身近でしたね。一応捕れるぶんには捕ってましたが、虫かごに入れるとばたばた暴れて羽が破れてしまうのであまり積極的には捕ってなかったように思います。小学生の時は春から秋までは学校が終わったら毎日一人で虫捕りに行っておりましたね。で、捕った虫を部屋の中で飛ばしたり手にとっていじりまわしたりして(笑)、夕方になったら外に放してました。で、冬になって虫捕りができなくなると、普通の子どもになりましてね、友達と缶けりやったり独楽で遊んだりしておりましたね。

で、彼と知り合って二人で近所で幼虫探しが始まったのでした。とは言え、ほとんど彼が見つけたのですが・・・。まずは学校の帰りに通学路の途中にあるミカン畑でナガサキアゲハの幼虫見っけ。はい、私の蝶初飼育はナガサキアゲハです。あとは同じくミカン畑でアゲハ、クスノキでアオスジアゲハ、ネムノキでキチョウ・・・etc。本当に家の近所で身近な蝶の幼虫や卵を見つけては飼育しておりました。

飼育は楽しかったですねぇ。幼虫がムシャムシャと葉を食べるところは本当に見ていて飽きませんでしたね。特にナガサキアゲハのど終齢になるともう見事な食べっぷりで・・・。葉っぱ一枚くらいあっという間に食べてしまいます。で、蝶の幼虫が葉っぱを食べる姿に見とれている私を・・・・のちに聞いたのですが、親は心配そうに眺めていたそうです(爆)。

で、その後私は中学2年の終わりに春日市に引っ越しまして独り立ちをするようになったのですが・・・。KY君と一緒の時は多くの場合彼が見つけていたのですが、その中で唯一私が先に見つけた幼虫がいました。それがコムラサキです。コムラサキは子どもの頃からなじみが深い蝶でした。蝶に特化する前の小学生の頃も、蝉捕りしてた木々の梢を格好良く滑空しておりましたし、その角度によって光る紫色は子ども心にも惹かれるものでした。そして何より、当時オオムラサキなんて夢のまた夢、ゴマダラチョウなら年に数回見れるかな?くらいの私にとって、姿が似ているコムラサキの幼虫を通して多分見ることは出来ないであろうオオムラサキやゴマダラチョウの幼虫を想像していたのでありますよ~(笑)。

で、何とか見つけられないかなぁ・・・と思っていた中学1年の冬休み・・・。とある柳にカミキリムシの幼虫が開けた穴の入り口に、オガクズがかさぶたのようになってるのを見つけ、ついそれをはがしてしまったのですが、なんと穴の近くに一頭のコムラサキの幼虫がへばりついているではあ~りませんかぁ。もうびっくりするやら嬉しいやら。もちろん、翌日KY君に報告です。するとそれから数日後・・・・彼が家にやってきて「俺も捕ったぜ。○頭おったぜ。」とにんまり。「え?○頭?」、そう私は件の1頭見つけただけです。と言う事で今度は私も探しなおし・・・で、ようやく見つけ方がわかりまして、実は最初に見つけた1頭が偶然だったのだということがわかったのでありました(笑)。

飼育の楽しみは日々成長していく幼虫の姿を見ることではありますが、やはり一番感激する場面は羽化の瞬間でしょうね。蛹が割れて頭が出てくる瞬間、そしてゆっくりと延びていく美しい羽・・・生命自体は孵化の瞬間、いや産卵された瞬間から始まっているのでしょうが、それでも羽化の瞬間は新しい生命の誕生って感じがしましてね、これを見るのが楽しみで飼育していたような気がします。ただ・・・そうは言ってもなかなか見れませんでしたけどね。もう直前だ。と思ったらじ~っと見つづけていたのですがそのときは羽化せずに・・・ちょっと目を離した隙にあっという間に羽化してて・・・。気配を感じてたのでしょうかねぇ~(笑)。

と言う事で、もちろんコムラサキも飼育いたしました。で、コムラサキには悪いのですが、ゴマダラチョウやオオムラサキの幼虫ってこんな感じで、もっと大きくて格好いいんだろうなぁ・・・ってね(笑)。で、コムラサキの幼虫を私が先に見つけた一件は・・・のちにわかったのですが、それなりに彼のプライドを傷つけたようでもありまして・・・・・「結構必死になって探した。」って・・・後に呑んで話した記憶がありますよ(爆)。

1-3 of 3