私の少年記


************** ☆ *****************
ついついあちこちニュース「私の少年記」へ投稿募集!
************** ☆ *****************




・【糞尿雑記:青木弘貴】2011.6.23
《更新順》

呑むさん、「初めてのウラギンシジミ」を、ありがとうございます

2011/04/21 6:45 に ついついペコ が投稿   [ 2011/04/21 7:04 に更新しました ]

ウラギンシジミの呑むさんの想い出に、思わず笑ってしまいました。私も初めてウラギンシジミに出会った時は、本当にびっくりしました。
だって「あんなに重そうな翅で、本当に飛べるの?」って、思ったほどでしたから。

呑むさんの写真は想い出の中にもあるように、いかにも大きなベニシジミですね。子どもたちの興奮した声が聞こえてきそうです。

でも、こっそり教えましょう、知っている人にしか分からない翅の裏があるんですよ。ウラギンシジミと言う名前のように、裏が銀色に輝く不思議なチョウです。
その銀色の翅を見るから、「このチョウ、本当に飛べるの?」って思ってしまうほど、重そうに見えるんです。翅の裏を一面にべたっと白いチョウクで塗ったような印象を受けるんです。

でも、人懐っこいチョウで、人がいる家の中にも平気で入ってきます。カメラを持って近くに寄っても、さっと飛び去っていなくなってしまうと言うことがないので、チャンスさえあれば、子どもたちが一緒に遊ぶのにはぴったりかも知れません。

いつかきっと、呑むさんが翅の裏を見せてくださるでしょうね。楽しみにしていましょうね。

【願い・・・:青木弘貴】に感謝

2011/04/21 5:51 に ついついペコ が投稿

青木さん、願い・・・:青木弘貴】2011.4.21の投稿に感謝します。

たいむ★すいっち「願い…」、この時期にぴったりですね。
実は曲もある「願い・・・」ですが、たいむ★すいっちの皆さんが、この曲を多くの皆さんの前に披露するのはいつなんでしょうか。

先に延ばす必要もないような気がしています。
第4弾あたりで、「願い・・・」についてのエピソードでも語っていただければと思っています。

千恵子さん、【若い力・千恵子】2011.4.6 をありがとうございました

2011/04/06 7:05 に ついついペコ が投稿

東北関東大震災からそろそろ4週間になりますね。大きな被害に東北地方の皆さんは、大変な思いをされておられると思います。

その東北地方の少年たちを励ましてくださり、千恵子さん、本当にありがとうございます。

少年たちの若い力が、様々な形で役立っていることを嬉しく思っています。

東北地方の皆さん、負けないでください。

千恵子さんの「東北関東大震災に思う」に感謝

2011/03/29 18:48 に ついついペコ が投稿

千恵子さんが【東北関東大震災に思う・千恵子】2011.3.30を、投稿してくださいました。
少年記ではありませんが、東北関東大震災に関係した気持ちを率直に書いてくださいました。千恵子さん、ありがとうございます。

多くの皆さんが「できることを」と、義援金支援、物資支援に加え、目に見えない「節電」などをしていることにも頭が下がります。こんな時は、形は変わっても、自分のできる有形、無形の様々な用法を用いて、日本中が心を一つにして、今回の大震災を乗り越えていきたいですね。

カトカラおんつぁんさん第2稿を感謝します

2011/03/06 19:48 に ついついペコ が投稿

宮城県のカトカラおんつぁんさんが、第2稿【「チョウと蛾に遊んでもらった50年」その2  〜クスサンからテングスつくりの巻〜 カトカラおんつぁん】2011.3.6を投稿してくださいました。

テングス・・・知らなかったです。釣りはほとんどしたことのない私ですので、ナイロン製の細い糸くらいしか見たことなかったです。

釣り糸に天然物のがあったんですね。それをこういう形で教えてくださったこと、とっても嬉しく思います。それにしても、魚の引く力に耐えられると言うことですから、テングスって相当丈夫なんでしょうね。

カトカラおんつぁんさん、貴重なお話しを含めた投稿に感謝いたします。

大町市の千恵子さん、「堤防が切れた!」を有難うございます

2011/02/26 5:59 に ついついペコ が投稿

長野県大町市の千恵子さんが、第4弾の堤防が切れた!:千恵子】2011.2.26を、投稿してくださいました。千恵子さん、ありがとうございました。

ちょうど、ニュージーランドのクライストチャーチ市で、大地震が発生し、今日で5日目です。懸命の捜索が続き、世界中で祈りが捧げられています。犠牲者は145人になったと、報じられていました。

地震も台風も怖いですが、千恵子さんは、堤防が切れた時の思い出を語ってくださいました。その当時私は松川村にはいませんでしたが、松川村でそうしたことが起こったんですね。今は高瀬川にも、乳川にも、しっかりした堤防ができ、村は守られています。

クライストチャーチ市での行方不明者は、200人前後と言います。救出の希望も、奇跡も信じています。一人でも多くの方の命が助かりますように。

千恵子さん第3段!有難うございます

2011/02/24 5:19 に ついついペコ が投稿

長野県大町市の千恵子さんは、とっても愉快な方です
笑っちゃいます:千恵子2011.2.24第三弾。とにかく楽しいです。

こういう時代が懐かしいですね。わたしも飛び込みたかった川のプール。でも、わずか2メートル程度の高さが怖くって、飛び込めなかったんです。男の子たちはそんな高さがヘッチャラだったらしく、高いところから川の中に飛び込んで、泳いでいましたよ。

その代わり、私は浅い川で、カジカやイワナを捕まえて遊んだのが、懐かしい思い出です。

そう言えば、私自信の少年記、まだ書いてなかったですね。トホホ・・・

長野県青木弘貴さん、第2弾投稿に感謝!

2011/02/21 18:19 に ついついペコ が投稿

デゴイチ(D51型蒸気機関車):青木弘貴】2011.2.22を、長野県塩尻市の青木弘貴さんが、投稿してくださいました。青木さん、有難うございます。

青木さんがカンタ君を連れて行ってみせたと言うデゴイチは、実は私も長男を連れて行って見せたことがあります。まだ長男が小学校に上がる前だと思います。とにかく乗り物が大好きだった長男です。今も覚えているかな?

塩尻のおじいちゃんと一緒に見上げた、デゴイチの貫禄ある姿を、カンタ君はいつまでも忘れないでしょうね。それにしても、職場の庭にデゴイチなんて、全国のデゴイチファンの皆さんが羨ましがっちゃいますよう。

長野県大町市の千恵子さん、投稿第二段に感謝!

2011/02/19 6:08 に ついついペコ が投稿   [ 2011/02/21 18:36 に更新しました ]

長野県大町市の千恵子さんが、投稿第2弾の「飛んだ:千恵子」2011.2.19を、投稿してくださいました。千恵子さん、ありがとうございました。
烏帽子岳と、野口五郎だけに、ご主人さんとひとっ飛び。

どうやって飛んだんでしょう?それは読んでのお楽しみ!

少年記ではないですが、こんな投稿も大歓迎!じゃんじゃん書いて、楽しんじゃいましょう。書き出すと、はまりますよ〜!

長野県大町市の千恵子さん、投稿有難うございます!

2011/02/06 4:38 に ついついペコ が投稿   [ 2011/02/06 8:11 に更新しました ]

今年の大町市は、伸びるツララでもお知らせしましたように、とっても寒かったです。そんな地域から、千恵子さんが【新米先生との思い出:千恵子】2011.2.6を、投稿してくださいました。千恵子さん、本当に有難うございました。

思い出話しに出て来る新米先生が今入っておられる折弁一座」は、大町市にある、大町魚介類加工事業協同組合「折弁」が作っている劇団です。折弁は、一年に一回折弁グランドチャンピオン大会を主催し、今年は1月10日に、大町市文化会館で行われました。その中で折弁一座は3つの寸劇を演じ、会場は笑いの渦に包まれ、拍手喝采でした。

聴衆は歌だけではなく、折弁一座の劇を大変楽しみにしており、そんなお客さんで、毎年会場はいっぱいになります。その模様は1月28日に、テレビで1時間半に渡り、長野県全域に放映されました。
千恵子さんの話しに出て来る「折弁一座」。1月10日の折弁グランドチャンピオン大会での寸劇

1-10 of 15