【幻の池出現】長野県大町市中山高原

【幻の池出現】長野県大町市中山高原 2010.4.9ついついペコ

幻の池全景。左から爺が岳、鹿島槍ヶ岳。2010.4.4午後3時ころ撮影
 
 長野県大町市の中山高原にある、元大町スキー場の第2ゲレンデに今年も、幻の池が現れた。「周囲に雪があるうちにできた」と、地元の人をびっくりさせている。
 地元の人は「あら、池がある!」ということで「荒池」と呼んでいる。雪解けとともにできる池で、梅雨の前まであったり、なかったり。梅雨にまたできて、夏まで見られることもある。
 今年は水位が高いため、風のない穏やかな日には、北アルプスの爺ヶ岳と、鹿島槍ヶ岳を水面に映し出す。
 池の周囲や元ゲレンデ一面に菜の花が咲くころになると、雪をかぶった北アルプスを背景に、黄色く彩られた池を撮ろうと、カメラマンが押し寄せる。
 よく晴れた日の午前中は、池に映った山が白く光り輝く。アルプスがより立体的に見えるのは、正午過ぎから午後2時ころまで。そっと行きたい人には今がチャンスだ。




風があると、水面は光り輝く